実学!北海道アグリビジネスリーダー養成塾

 

 

北海道・農山漁村の豊かな『地域多面的資源』を活用する「地域複合アグリビジネス/6次産業化」。
地域振興を図る地域社会の課題解決に繋がる地域に根ざした内発型アグリビジネス。
目指すは持続可能な定常化社会の実現。
H24年〜25年の二期で80名以上の修了生と起業家を輩出した農林水産省の特別プログラム。
カリキュラムを刷新し、いよいよ開講します。

※詳細はこちら

日 程:2015年10月24日(土) ~ 2016年1月24日(土)  全44コマ
会 場:アスティ45 立命館プラザ 〒060-0004 札幌市中央区北4西5
定 員:最大30名
参加費:無料
主 催:農林水産省、ワセダアグローカルスクール、農都共生総合研究所、立命館大学・立命館アカデミックセンター
協 力:北海道大学農学部 食料農業市場学研究室
後 援:北海道庁、北海道農業法人協会、(株)クレオテック ACU/アキュ、(公財)北海道中小企業総合支援センター (北海道6次産業化サポートセンター)
※聴講生、途中入会も可。事務局までご相談下さい。

 

   カリキュラム   

Phase-1 事業構想 <Planning>

受講生同士の得意なこと、目指すことをお互いに共有化するとともに、
自分の頭のなかにある事業構想の可視化を目指します。

・基本理念(ビジョンの共有)
・ビジネスプランの作成1
・企業・地域を経営するには(先進事例の把握)
・農林水産業の政策動向
・6次産業化概論
・関連分野別講義:選択制
・ファシリテーション
・実地研修 農山漁村、アグリビジネス事例地、農業者大学校等
・基本理念(ビジョン)のブラッシュアップ

 

Phase-2 計画策定 <Realize>

可視化されてきた事業構想を恒常的なビジネスモデルとするために、
シミュレーションやSWOT分析をもとに実現へ向けた計画策定を行います。

マーケティング
・商品・サービスの価値形成の考え方・手法1
・商品・サービスの価値形成の考え方・手法2
・財務・会計・資金調達
・地域内外でのチームの作り方
・ビジネスプランの作成2

 

Phase-3 実践へ向けて <Action>

開講より積み重ねてきた構想・計画を、着実に実践・実現へ向けていくために、プレゼンテーションとその先のアクションへ向けた検証を行います。

・ビジネスプランの発表(プレゼンテーション)

 

    講師紹介    


松原 豊彦
(立命館大学副学長・経済学部 教授)

 


坂爪 浩史
(北海道大学農学部 教授)

 


川辺 亮
(農都共生総合研究所)

 

※その他、各分野の専門家や女性起業家などを講師として迎える予定です。

 

問合せ先

株式会社農都共生総合研究所
〒104-0041 東京都中央区湊1−10−2
電話:03-5542-0901
Mail:info@notosoken.jp
担当:須藤、清水
印刷用パンフレット

コメントは受け付けていません。